法律事務所で離婚の相談をするとどうなるか

法律の相談は弁護士にしてみましょう

友人のお兄さんが離婚をしました。もうその頃には、お兄さんと奥さんとの間はかなり冷え切っていて、会話ができないぐらいだったようです。でも、ふたりの間には子供が5人もいて、上は大学から下は幼稚園までいるものだから、子供たちのことも含めて、本当は話し合わないとならないことはたくさんあったのですが、それでも、お互いどうしても話し合いができなかったようです。男女の仲も一度こじれるとなかなか修復ってつかないものなんですね。ただ、子供もどんどんと育っていきます。それこそ、その時期、真ん中の子は大学受験を控えていたり、進学を控えていたりして、父か母のどちらについていくかによって、どちらの場所で進学や受験をしたらいいのかという選択の時に来ていました。旦那さんのほうは勤務先やら家事の問題などがありました。奥さんのほうにしても、生活費の問題がありました。子供が移動するとなれば、余計経済的なことも含めてどうするのかっていうことを考えないとならないでいました。

そこで、結局は弁護士に相談したようです。やっぱり専門家に相談が一番ですね。こじれている問題もたくさんあったので、そういうことも弁護士にお願いしてうまく解決したようです。結局男女の仲って一度こじれると、あとは互いの利害関係よりも、自分の利害関係を優先する方向にあるから、なかなか相手を思いやっての解決ってできないんでしょうね。法律にのっとって適性金額を決めることで、お互い納得できたようなのでよかったんだと思います。

おすすめ情報

Copyright (C)2017法律事務所で離婚の相談をするとどうなるか.All rights reserved.